満員御礼感謝です。キリ番で面白いのとったら報告お願いします。後々リストでも作って晒します(ぁ コメントTB歓迎です。※いかがわしいのは削除させていただきます。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 お隣を守りつづけて四百年
2006年01月15日 (日) | 編集 |
 というわけで陰からマモル!第2話です。
 阿智太郎先生の作品は「僕の血を吸わないで」(電撃文庫)しか読んだこと無かったんですが、独特の笑いとシナリオで楽しませていただきました。
 今回第2話ということで、
bscap0013.jpg

 新キャラ、真双津 椿さんの登場です。
 というか詳しい話はめんどくさいので止めますが・・・

bscap0015.jpg


 今回沢菓様の出番がたったのコレだけということだ!!!11

 うーん、これはゆゆしき問題かと思われます。沢菓様は1話でそのツンデレっぷりを披露してくれましたが、日本撫子武士っ子の真双津様の登場により立場を奪われたんじゃないだろうか・・・。

bscap0040.jpg


 やっぱりツンデレです。
 がんばってもらいたいものです。沢菓殿!!次週もよろしくお願いします。


 蒟蒻?まぁヒロインはボケキャラと相場が決まってますからね(何

 話は変わりますがワンワンセレプーを2話まで見てわかったこと。
 ワンワンセレプーのセレプーというのはセレブ プードルの略だということ。
 経済を題材に犬っころががんばること。
 犬が喋ること。
 かかぁ天下。
 犬山パパンがヘタレ。
 メイド&執事がいる。

 これだけ!!!
 最大の問題点、年齢層がいまだにわかりません!!
 というわけでこれまでの話から推測してみることにしました。
 まずメイド&執事、人間への変身、おじい様のキャバクラ好きという点から考えて、我々オタク層に向けて作られているという説。
 主人公のルミちゃんは明らかにオタク受けしそうなキャラで犬萌え野郎ドモを狙った作品ではないのかということ。

bscap0054.jpg


 ということはOPのこの少女達も、ロリ好き野郎どもを狙った作戦かもしれません。何も知らずに犬と一緒にテレビに出ないか?って誘って、知らない間に晒し者ロリコンヲタクどもの目を付けさせる役付けにさせるディレクターは、人か魔か・・・。
 そしてバター犬と戯れる少女を連想させる作戦なのではないかと。
 まぁ私は二次元しか興味ありませんので。

 あとこれ、犬好きの犬好きによる犬のためのアニメかと思いますが、残念ながらこの作品見ても私は
 犬など飼いたく無くなりました
 狙ったかどうかは別として、犬好きにもこれは受け入れなさそうです。次

 
 教育を目的としたアニメ説。
 普通に考えれば教育アニメなんだと思います。経済を題材にしたこれから生きるための勉強となる用に作られたという考えです。
 だったら犬っころなんぞ必要ないんじゃないか?
 なぜわざわざ犬を持ってくる。そして犬に助けてもらう。
 個人的には社長のお父さんが経営破綻。その秘密を知ってしまった少女ルミちゃんがお父さんの為に孤軍奮闘がんばる話のほうが私は良かったなぁ。
 しかしそれだけでは現代の少年少女達はこのアニメを見てくれないんじゃないか?っていうくだらない理由で犬を主人公にしてしまった。
 結果がこれかな?w

 しかし教育系アニメを作るにしてもこれは無いかと思います。
 メイド&執事、キャバクラ、血統書による犬身売買。
 そりゃ、犬はペットショップで買えますよ。現代の少年少女達だってわかってます。しかしそういうのをおもむろに出して教育され、人の上に立ったならば彼等が大人になったときに「弱いものは氏ね」という考え方が植え付けられても仕方が無いんじゃないかなと思います。
 一度死んだゾンビさんたちに更に追い討ちをかけるように電脳世界で殺しまくる彼等ですからね。未来が怖いです、ママン。

 結局どちらに転んでもこのアニメはいいことが一つもありませんwwww
 ちなみにスタッフは監督、ポケモン、ケロロ軍曹などの演出を担当した福本 潔さん。脚本はおじゃまじょドレミシリーズを手がけた山田隆司さん。

 結構まともな人たちじゃないか!!
 いったい誰の仕業なんでしょうか・・・。黒幕は誰なんだ・・・。
 また一つ謎が増えた気がする。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
沢菓様の出番が少ないのは確かに大問題!だと思います。
2006/01/18(水) 18:54:49 | URL | 城戸 #nabY/6iI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。