満員御礼感謝です。キリ番で面白いのとったら報告お願いします。後々リストでも作って晒します(ぁ コメントTB歓迎です。※いかがわしいのは削除させていただきます。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 戯言日記
2006年04月21日 (金) | 編集 |
 今日は特にレビューするアニメもゲームもないので特別企画です。




ちよの一日!!


1142520920.jpg


 わたしの一日を見せてあげるよ



 AM 7:30 起床

20060421214434.jpg


 起床ラッパによって朝早くに起こされた。
 勘弁してくれ・・・昨夜は敵襲にあってあまり寝てないんだ。だが彼等はそんなことは知ったことかといわんばかりにたたき起こしに来る。
 気がつけば我等が戦友達もきだるそうではあるが、だが懸命に目を覚まそうとしていた。




 AM 8:00 食事

20060421214801.jpg


「いいか!!貴様等はどうしようもない屑ドモだ!!告白すると貴様等に用意する飯など元からない。だが貴重な食料を貴様等ごときの為にわざわざ用意してくださった殿下様に感謝しろ!!」
「サー、イエッサー!!」
「わかったらさっさと食ってとっとと訓練に入れ!!そして飯を食ったならそれ以上の働きを見せ付けろ!!貴様等蛆虫ドモにはもったいない飯だ、心して食え!!」
「サー、イエッサー!!」
「では手を合わせて・・・」

「いただきます!!」




 AM 9:00 座学

1133333705.jpg



 戦うためにはいろんな知識も必要だ。もちろん生き残るためにも。
 壊れた無線を直すなんて、一訓練生ができるはずもないがそんな無理難題を押し付けてくるサディスト軍曹は、本当に鬼だ。
 だが実際ここで諦めていては生き残れない。私のために散ってくれた同期のためにも弱音はもう吐けない・・・。

 あれ・・・オームの法則ってなんだっけ・・・




 PM 1:00 実技訓練

1133336586.jpg


「ワルサー1よりワルサー3へ、敵は3時方向へ向かって後退中」
「ワルサー3、了解!!発見次第狙撃する」
「どうしたワルサー3、敵は既にそっちへ向かったぞ!!」
「こちらワルサー3、敵軍見当たりません!!」
「ワルサー1よりワルサー3へ、隠れている可能性が高い。警戒を怠るな」
「ワルサー2よりワルサー1、敵3名をこちらで発見!!現在交戦中!!」
「なんだとっ!?どうやってこの網をかいくぐったというのだ!!」
「ワルサー2よりワルサー1。隊長、こいつ等が使っているのはペイント弾じゃない、本物の銃だ!!奴等だ。奴等が攻めてきたんだ!!」




 PM 2:00 敵襲

20060421221750.jpg


「敵襲ーー!!敵襲だーーー!!」




 PM 2:30 作戦会議

20060421221951.jpg


「奴等が立てこもってから30分、負傷者の数は?」
「こちらが2匹、あちらが1匹です」
「隊長、奴等は新型のRPGロケット弾を武装してました。それにこっちがペイント弾しか武装して無いのをいいことに気前よく撃ちまくってきます。こちらの対犬車ライフルとドッグファイトは無茶です!!」
「警備兵はいったい何をしておったのだ!!」
「昼寝していたそうですっ!!」
「いい天気だからしょうがない!!俺たちで何とかするしかないな・・・」




 PM3:00 作戦開始

105086.jpg


「こちらワルサー6、敵はいまだ動いてません。どうやらあいつ等何かを待ってるようです」
「ふん、待ち伏せか」
「こちらアンシュッツ隊、配置につきました」
「よし、奴等はまだ気づいてないな。ふふふ・・・馬鹿犬どもめ。貴様等は既に袋の鼠よぅ!!」
「隊長!!!!こちらワルサー6、あいつ等・・・あいつ等・・・」










2006020709_1307443765.jpg


「ワルサー5を人質にとってやがる!!!」

「くそったれ!!!!!!なんてこった!!!!!!新人のルーキーめ、逃げ遅れたのか!!」
「こ、こちらワルサー5。隊長・・・申し訳ございません。まさか一番安全だと思ってた最後尾が狙われるとは・・・」
「もうよい・・・お前は必ず、俺たちが助け出す!!」
「隊長、奴等は俺の代わりに・・・武器を破棄して降伏するようにと言ってます」
「・・・わかった。指示に従おう」
「駄目です!!隊長!!」
「ワルサー5!?」
「俺みたいなどうしようもない訓練兵のために・・・部隊を壊滅してはいけません!!すみません隊長・・・厳しく訓練してくれたのにこんなざまで・・・でも俺、部隊の役に立つんだったら死んだって構わない!!」
「・・・ワルサー5!!正気か!?」
「咲いた花なら・・・散るのが定め。大丈夫です隊長。俺・・・死ぬのは怖くないです。そうだ・・・これであいつに合えるし・・・」
「そうか・・・お前はあの時散ってくれたワルサー4の一番の戦友だったな・・・よし野郎ドモ!!派手なパーティーをおっぱじめようか!!」




 PM 4:00 窮鼠猫を噛む

1143206805.jpg


「てめぇらなんぞの好きにはさせねぇ!!」
「ワルサー隊全兵士に告ぐ!!ワルサー5が窮鼠猫を噛んだ、俺たちはその機を逃すな!!」
「了解!!」
「突撃イイイイイイイイ!!」





 PM 5:00 そして・・・

19352144_m.jpg


「猫太訓練兵の英霊に対して―――」




1140269266.jpg


「敬礼!!」



 こうして・・・今日も戦いが終わった。
 奴等は今日のように常に手段を選ばない。だから俺たちはどんな状況においても戦えるように、毎日鍛えつづけるんだ。

 桜は常に満開では、美しくないのだ。散るからこそ、美しいのだ。


20060421223944.jpg



d_04.gif

既に日記じゃないねこれw
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
結局、どういった一日だったんだ?
2006/04/24(月) 17:43:21 | URL | 神威 #TRcOFq4w[ 編集]
>>神威
要は妄想に浸ってた一日でした_| ̄|○
2006/04/24(月) 19:01:06 | URL | ちよ #NiFeLioY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。